VAP

ようこそ ゲストさん

TITLE ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

リリース

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

VPBU-13878

2014-03-19 Release

4,536円(定価/税込)

DVD

世界に名だたる4人の巨匠が語る、鮮やかな“ポルトガル発祥の地”の記憶――

在庫 ▲(残り僅か)

今すぐ購入する!

1



解説

    世界に名だたる4人の巨匠が語る、鮮やかな“ポルトガル発祥の地”の記憶――

    アキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラ。
    ヨーロッパ映画界を牽引する4人の巨匠たちによる豪華競作!

    ポルトガル北西部に位置する古都“ギマランイス歴史地区”。
    “国家発祥の地”と言われ、ユネスコの世界文化遺産に登録されている同地を舞台に、それぞれの巨匠たちが個性を遺憾なく発揮し、ひと癖もふた癖もある作品で観客を唸らせる。

第1話

    「バーテンダー」
    監督・脚本:アキ・カウリスマキ(『ル・アーヴルの靴みがき』『街のあかり』)
    出演:イルッカ・コイヴラ

    孤独な男の1日をセリフもなく淡々と描き出した『バーテンダー』は、カウリスマキらしいペーソス溢れる作品。
    彼の傑作の数々は日本でも人気が高く、フィンランドでの撮影&フィンランド語での会話と見られる、
    宮崎あおい(※)さんが出演する某人気アパレルブランドのTVCMは、その演出がカウリスマキ作品を彷彿させると話題になるほど。

    ※崎の右上は「立」になります。

    【場面写真】




第2話

    「スウィート・エクソシスト」
    監督・脚本:ペドロ・コスタ(『コロッサル・ユース』『ヴァンダの部屋』)
    出演:ヴェントゥーラ、アントニオ・サントス

    ギマランイスに端を発した企画でありながら“いかにしてギマランイスで撮影しないか”という発想に転換したのが、現代映画の最先端を行くコスタの『スウィート・エクソシスト』。
    『コロッサル・ユース』にも登場したヴェントゥーラが1974年の“カーネーション革命”に参加した兵士――あるいはその亡霊と語り合う異形の会話劇だ。

    【場面写真】


第3話

    「割れたガラス」
    監督・脚本:ビクトル・エリセ(『エル・スール』『ミツバチのささやき』)
    出演:ヴァルデマール・サントス、アマンディオ・マルティンス

    欧州第2の紡績工場へ発展しながらも、今は“割れた窓ガラス工場”と呼ばれる跡地。
    そこで在りし日の声に耳を澄ませ、かつての労働者の人生の1コマを切り取る感動的な『割れたガラス』。
    “外国語映画ベスト100”等の企画で常に名の挙がる『ミツバチのささやき』から40年、
    わずか10本にも満たない監督作全てが今や伝説となったエリセ。長編ならずとも語るに十分な尺の物語を目の当たりにする喜びは特筆すべきだろう。

    【場面写真】




第4話

    「征服者、征服さる」
    監督・脚本:マノエル・ド・オリヴェイラ(『コロンブス 永遠の海』『夜顔』)
    出演:リカルド・トレパ

    しんがりを飾る『征服者、征服さる』は、現役最高齢となる105歳のマノエル・ド・オリヴェイラ監督最新作。
    ギマランイスの起源でもあるアフォンソ1世のエピソードを紹介するも、彼ならではのユーモアは堅苦しい歴史の物語を忌避し、観る者をあっと驚かす痛快な掌編を生み出した。

    【場面写真】