VAP

ようこそ ゲストさん

TITLE ルック・オブ・サイレンス

ルック・オブ・サイレンス

リリース

ルック・オブ・サイレンス Blu-ray

VPXU-71424

2016-01-06 Release

5,184円(定価/税込)

Blu-lay

衝撃の大ヒット作『アクト・オブ・キリング』を
被害者側から見つめ返す、慟哭のドキュメンタリー!

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

ルック・オブ・サイレンス DVD

VPBU-14474

2016-01-06 Release

4,104円(定価/税込)

DVD

衝撃の大ヒット作『アクト・オブ・キリング』を
被害者側から見つめ返す、慟哭のドキュメンタリー!

在庫 △(残り少数)

今すぐ購入する!

1



イントロダクション

    衝撃の大ヒット作『アクト・オブ・キリング』を
    被害者側から見つめ返す、慟哭のドキュメンタリー!

    ・2014年ヴェネツィア国際映画祭 審査員大賞・国際映画批評家連盟賞・ゴールデンマウス賞
    ヨーロッパ映画批評家協会最優秀ヨーロッパ地中海映画賞
    人権映画ネットワーク賞受賞
    ・2014年釜山国際映画祭 最優秀ワールド・ドキュメンタリー賞受賞
    ・2014年CPH:DOX グランプリ
    ・2014年デンバー映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
    ・2014年チューリヒ映画祭 スペシャル・メンション受賞
    ・2014年デンマーク芸術協議会賞受賞
    ・2015年トロムソ国際映画祭ドン・キホーテ賞受賞
    ・2015年ベルリン国際映画祭 平和映画賞受賞
    ・2015年アンジェ ヨーロッパ映画祭 審査員特別賞・観客賞
    ・2015年トゥルー/フォールス映画祭 トゥルー・ライフ・ファンド選出
    ・2015年国際シネフィル協会賞 ICS賞受賞
    ・2015年ヨーテボリ映画祭 ドラゴン賞(最優秀北欧ドキュメンタリー賞)受賞
    ・2015年デンマーク・アカデミー賞 最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞
    ・2015年デンマーク映画批評家協会賞 最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞
    ・2015年ワンワールド国際人権映画祭 最優秀作品賞受賞
    (2015年4月1日時点)

    公式サイト:www.los-movie.com

あらすじ

    感動と慟哭の結末に、『アクト・オブ・キリング』をも上回る傑作との評価続出!
    “殺人”という大罪を犯してもなお、なぜ彼らは罪の意識なく生きられるのか?
    常識を覆す、被害者と加害者の“対面”から、
    100万人規模の大虐殺に隠された、“責任なき悪”のメカニズムが浮かび上がる―――
    虐殺で兄が殺害された後、その弟として誕生した青年アディ。
    彼の老いた母は、加害者たちが今も権力者として同じ村に暮らしているため、半世紀もの間、亡き我が子への想いを胸の奥に封じ込め、アディにも多くを語らずにいた。
    2003年、アディはジョシュア・オッペンハイマー監督が撮影した、加害者たちへのインタビュー映像を目にし、彼らが兄を殺した様子を誇らしげに語るさまに、強い衝撃を受ける。
    「殺された兄や、今も怯えながら暮らす母のため、彼らに罪を認めさせたい―――」
    そう願い続けたアディは、2012年にジョシュアに再会すると、自ら加害者のもとを訪れることを提案。
    しかし、今も権力者である加害者たちに、被害者家族が正面から対峙することはあまりに危険だ。眼鏡技師として働くアディは、加害者たちに「無料の視力検査」を行いながら、徐々にその罪に迫ってゆく。
    そこで目の当たりにしたのは、加害者の誰もが、虐殺を自分の責任とは捉えていないという事実。
    長い沈黙を破り、加害者と対峙したアディの勇気によって、殺人の実行者たちが、責任を感じることなく大罪を犯し得る心理的メカニズムが浮かび上がってくる。

キャスト・スタッフ

    製作総指揮:エロール・モリス『フォッグ・オブ・ウォー』 / ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』 / アンドレ・シンガー
    製作:シーネ・ビュレ・ソーレンセン
    製作プロダクション:ファイナルカット・フォー・リアル
    製作・監督:ジョシュア・オッペンハイマー
    共同監督:匿名
    撮影:ラース・スクリー
    2014年/デンマーク・インドネシア・ノルウェー・フィンランド・イギリス合作/原題:The Look Of Silence/日本語字幕:岩辺いずみ/字幕監修:倉沢愛子

    発売・販売:バップ
    提供:トランスフォーマー

場面写真

    ルック・オブ・サイレンス

    ルック・オブ・サイレンス

    ルック・オブ・サイレンス

    ルック・オブ・サイレンス

    ルック・オブ・サイレンス