VAP

ようこそ ゲストさん

TITLE ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

リリース

ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

VPBU-14615

2017-09-06 Release

4,104円(定価/税込)

DVD

ケン・ローチ長編デビューから50周年!BBC時代から最新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで―
社会派の名手ケン・ローチ激闘の映画人生を追ったドキュメンタリー

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

1



イントロダクション

    ケン・ローチ長編デビューから50周年!BBC時代から最新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで―
    社会派の名手ケン・ローチ激闘の映画人生を追ったドキュメンタリー


    作品を発表するたび物議をかもしだすことの多い、イギリスを代表する映画監督のひとり、ケン・ローチ。2016年に80歳を迎え、監督作として50本目となった『わたしは、ダニエル・ブレイク』が第69回カンヌ国際映画祭にてパルムドール(最高賞)を受賞。
    そして、BBC時代の伝説のテレビドラマ「キャシー・カム・ホーム」の製作から記念すべき50周年となった。

    69年に書かれた彼の映画製作におけるルールリストには、
    「我々は、現代社会の問題を明確かつ正確に提示する義務がある」という一文が含まれていた。「アップ・ザ・ジャンクション」(65)、「キャシー・カム・ホーム」(66)、『ケス』(69)を監督してから50年がたった今でも、その意志は貫かれている。

    これほどまでに強い信念を持つようになったきっかけは何なのか?現代の世の中で、社会派作品を送り続ける意味はいったい何なのだろうか?
    監督自身はもちろん、彼の友人、対立関係にある人々、俳優たち、そして多くの仕事仲間へインタビューを行い、
    BBC時代のドキュメンタリー作品や、『ケス』(69)、『リフ・ラフ』(91)、『麦の穂をゆらす風』(06)、『天使の分け前』(12)などの代表作を振り返りながら、50年にわたる類まれなその生涯とキャリアを、あるときはユーモアたっぷりに、あるときは挑発的に明らかにしていく。


    【ルイーズ・オズモンド監督コメント】
    このドキュメンタリーを“メイキング”や“映像集”ではなく、
    ケン・ローチ作品をあまり知らない人々でも楽しめるような映画にすることを目指した。
    目まぐるしく変わりゆく政治的な背景を通して、何よりも魅力的なストーリーとして語りたかった。

キャスト・スタッフ

    【出演】
    ケン・ローチ、キリアン・マーフィーほか

    【スタッフ】
    監督:ルイーズ・オズモンド(『運命を分けたザイル2』)
    製作:レベッカ・オブライエン

場面写真

    ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

    ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

    ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生