VAP

ようこそ ゲストさん

TITLE 20 センチュリー・ウーマン

20 センチュリー・ウーマン

リリース

20 センチュリー・ウーマン

VPBU-14646

2017-12-06 Release

4,104円(定価/税込)

DVD

監督マイク・ミルズによる長編映画3本目にして、第89回アカデミー賞脚本賞に初ノミネート!
自身の母親をテーマにした「母と息子のラブストーリー」。

在庫 ◎

今すぐ購入する!

1



イントロダクション

    監督マイク・ミルズによる長編映画3本目にして、第89回アカデミー賞脚本賞に初ノミネート!!
    前作から6年ぶりとなる本作で新たに描く物語は、自身の母親をテーマにした「母と息子のラブストーリー」。
    2016年ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされ、過去最高の演技をみせる名優アネット・ベニング。実力派グレタ・ガーウィグと若手NO.1のエル・ファニング、旬の注目女優たちによる見逃せない豪華共演!!
    現代の世界へとつなげる「今の始まり」の瞬間だった1979年を、トーキング・ヘッズ、デヴィッド・ボウイなどの名曲で彩る音楽にも注目!!

    2016年/アメリカ/英語/119分/原題:20TH CENTURY WOMEN/日本語字幕:高内朝子(※)/PG-12

    公式サイト:http://20cw.net/

    ※正しくは旧字体の「高」になります

あらすじ

    母さんは、15歳のボクについて“彼女たち”に相談した。
    1979年、ボクたちの特別な夏がはじまる。

    1979年、サンタバーバラ。
    シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。
    ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー(グレタ・ガーヴィグ)と、近所に住む幼馴染で友達以上恋人未満の関係、ジュリー(エル・ファニング)に「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。
    15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

キャスト・スタッフ

    【スタッフ】
    監督・脚本:マイク・ミルズ(『人生はビギナーズ』)

    【キャスト】
    アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』)
    エル・ファニング(『ネオン・デーモン』)
    グレタ・ガーウィグ(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    ビリー・クラダップ(『スポットライト 世紀のスクープ』)

場面写真

    20 センチュリー・ウーマン

    20 センチュリー・ウーマン

    20 センチュリー・ウーマン