VAP

ようこそ ゲストさん

安達朋博

AESTHETIC LISZT

VPCD-81699

2011-04-20 Release

CD

2,571円 (定価/税込 )

クロアチアからの逆輸入ピアニスト!
話題の若手実力派 “安達朋博” アルバム第3弾!

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ■安達朋博・アルバム第三弾!
    ■クロアチアからの逆輸入ピアニスト!

    【解説】
     若手実力派ピアニストとしてデビューした安達の第3弾アルバムは、2011年に生誕200周年の記念イヤーを迎える「フランツ・リスト」――。
     テクニカルなイメージが強いリストの楽曲だが、安達だからこそ出せる、情緒豊かな音色を堪能できるのはこのアルバムだけ!

    【安達朋博プロフィール】
     京都府立網野高等学校を卒業後、単身クロアチアへ渡り、イーノ・ミルコヴィッチ音楽院を経て、2007年クロアチア国立ザグレブ大学音楽アカデミーを最優秀にて卒業。 在学中より日本・クロアチア・イタリア・ドイツにてリサイタル、室内楽、音楽祭への出演など、精力的に演奏活動を行っており、特にドイツで開催されたリサイタルは、地元各紙にも大きく取り上げられ絶賛を博した。 2003年ローマ国際ピアノコンクール・ディプロマ、C.トーニ国際ピアノコンクール第3位、及び特別賞、2004年ザイラー国際音楽コンクールピアノ部門第1位、2006年A.ルビンステイン国際ピアノコンクール第5位、J.ブラームス国際音楽コンクールピアノ部門第2位など多数のコンクールで入賞。 2007年大阪・横浜・東京にて日本における正式デビューリサイタルを開催。 大阪公演はライブCD『Dance of the Baroness』となりプラネティ・レーベルより好評発売中。 その他、各種雑誌への記事執筆、またレクチャー、ブロードバンド講座、ラジオ、テレビへも出演している。 その一連の活動で特筆に値するのは、クロアチア人作曲家による作品の、日本での普及活動であり、本邦初演も含め、クロアチア作品を度々演奏会で取り上げ、人々の大きな関心を呼んでいる。 これまでに、ピアノをエフゲニー・ザラフィアンツ、小島早苗、吉田真理子、尾瀬洋子の各氏に、ピアノデュオをマリーナ・アンボカーゼ、ルーベン・ダリバルタヤンの各氏に、室内楽をピエール=イヴ・アルトー氏に師事。

    【CONCERT INFORMATION:シューマンCD発売記念リサイタル】
    ■2011年1月30日(日)いせシティプラザ(伊勢市)
    ■2011年2月6日(日) スタンウェイサロン関西ショールーム(西宮市)
    ■2011年3月13日(日)アミティ丹後(京丹後市)
    ■2011年7月13日(水) ピアノリサイタル 杉並公会堂大ホール

    【収録曲】
    1. 愛の夢 第3番 S.541-3 変イ長調(5:50)
    2. 12の超絶技巧練習曲 S.139より 第10番 ヘ短調(6:00)
    3. 6つのパガニーニ大練習曲 S.141より 第3番 ラ・カンパネラ 嬰ト短調(6:55)
    4. 6つのパガニーニ大練習曲 S.141より 第6番 主題と変奏 イ短調(6:40)
    5. 3つの演奏会用練習曲 S.144より 第3曲 ため息 変ニ長調 (6:40)
    6. コンソレーション第3番 S.172-3 変ニ長調(6:05)
    7. 巡礼の年 第3年 S.163より 第4曲 エステ荘の噴水(8:50 1/27市ヶ谷ライブ)
    8. 巡礼の年 第2年 イタリア S.161より 第7曲 ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲-(19:00 1/27市ヶ谷ライブ)