VAP

ようこそ ゲストさん

Pay money To my Pain (P.T.P)

Remember the name (通常盤)

VPCC-81696

2011-01-26 Release

CD

3,086円 (定価/税込 )

約2年ぶりとなる待望の3rdアルバム!

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ■約2年ぶりとなる待望の3rdアルバム!

    【解説】
     2004年 K(Vo) Pablo(g) JIN(g/GReeeeeNプロデューサー) T$UYO$HI(ba) Zax(ds)で結成。(2008年4月JINが脱退) 2006年1st EP「Drop of INK」でデビュー。 2007年にリリースした1st ALBUM「Another day comes」、2009年リリースの2nd ALBUM「after you wake up」がロングセールスを続ける。
     圧倒的なライヴパフォーマンスが話題を呼びPUNK SPRING‘08やSUMMER SONIC‘08、‘09に2年連続参戦。 RIZEとの2マンツアーやCOUNTDOWN JAPAN、ROCK IN JAPAN FESなどの大型フェスやイベントでもバンドのスケール感をアピールしてきた。
     このバンドの魅力は一言でいうと “自由度の高さ”――。 スキルもキャラクターも立った4人が音楽性も活動ペースもPTP独自のスタンスに拘って活動してきている。
     4年半LAに在住していたKが帰国し2009年から本格的に始動してきた彼ら。 ラウドロックにありがちな閉塞感などなく、もがきながら前へ進み続ける希望の詩(うた)をKは唄う。
     2010年6月9日に彼らの新機軸を見せた「Pictures」をマキシシングルとDVDで発売。 両アイテムとも好セールスをあげており、「Pictures」はライブアンセムとして欠かせない楽曲となっている。
     ここ何年かライフスタイルも含めて憧れられるストリートのアイコンが不在でしたが、その新たなるカリスマとしてバンドとKの注目度も急上昇。 ストリート誌で表紙も数回飾り2010年、Kのブランド「NINE MICROPHONES」も立ち上げさらに注目が高まっている。
     約2年ぶりとなる待望の3rdアルバムとなる今作は彼らならではのふりきった振り幅の楽曲はさらに進化&深化している。 R&Bシンガーのようなウェットな表情をもつKの声は生身のあたたかさを感じさせてくれるし、ブルータルなスクリームは更にパワーアップしている。 単に攻撃的な若さだけのバンドとは違い色気を感じさせる雰囲気・オーラが自然に伝わってくる魅力に満ち溢れた一枚となった。 ヘヴィネスの向こう側のステージにいき喜怒哀楽どのシチュエーションでも聴ける曲がある・・・そんな生活に欠かせないマスターピースを彼らはつくりあげた!

    【収録曲】
    01. This life
    02. Weight of my pride
    03. Drive
    04. Relive
    05. Deprogrammer
    06. 13 monsters
    07. Atheist
    08. Wallow in self pity
    09. Greed
    10. Hourglass
    11. In the blin of an eye
    12. Gift
    13. Pictures
    14. dilemma

RELATED ITEMS
関連商品