VAP

ようこそ ゲストさん

ブギウギ専務DVD vol.3「ブギウギ奥の細道」〜春の章〜(本編2枚組)

VPBF-15643

2014-08-20 Release

DVD

4,320円 (定価/税込 )

北海道発STVの人気バラエティ「ブギウギ専務」がDVDでまたまた帰ってくる!
DVD第3弾2枚組で発売決定!!

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ※バップ通信販売の先着順ご購入特典「オリジナル缶バッジ」は終了しました。

    【みどころ】
    大人気!『奥の細道』企画が完全DVD化!!
    2011年秋から2013年冬まで、足掛け1年3ヵ月に及んだ大巨編「ブギウギ奥の細道」。ウエスギ芭蕉とおおち曾良が、函館・立待岬から稚内・宗谷岬まで、北海道縦断600キロを徒歩で吟行する超過酷風流企画。徒歩だからこそ出会える景色、人情、そしてハプニングの数々を下手な俳句に歌いこみ、ふらふらと北を目指すオッサン2人&強権ディレクターの珍道中を「未公開シーン」を交えた完全版でご堪能下さい。

    【本編】
    ブギウギ奥の細道 春の章(2012年4月〜放送)
    函館から日本最北端・稚内の宗谷岬まで600キロを、俳句を詠みながら徒歩で旅する「ブギウギ奥の細道」。秋の函館・立待岬を出発し、過酷な冬を乗り越えて季節は春へ。今回の「春の章」は、札幌市を出発し旭川市までの170キロの道のりを収録。札幌-旭川を結ぶ北海道の大動脈国道12号を北上するはずが、またしても理不尽ディレクターの思いつきであちこち回り道をする羽目に…。しかし、その先には春の北海道ならではの筆舌に尽くしがたい絶景が待っていた!雪解けとともに緑が芽吹き出す北の大地を、ただひたすらに歩き続けるオッさん2人。長い長い冬が終わり、春の歓びに満ち溢れた北海道をゆく旅の一部始終を収録。

    【未公開映像】
    一日の徒歩旅を終え、宿に入った専務が夜な夜な書き綴った奥の細道「紀行文」。放送時間の関係とクオリティの問題で春の章7日間のうち、たった1度しかOAされなかった専務のイラスト入り旅日記の未公開部分を完全収録。さらに市町村の境界を越える際に、カントリーさんのイラストを体で表現する恒例の「イーン!!」の未公開シーンもあわせ、トータル23分に及ぶレア映像をたっぷりと!

    【特典映像】
    他の追随を許さぬほどシュールでナンセンス路線を突き進んでいた番組初期の中でも、特に世間の波紋を呼んだ2大問題作をついに解禁!初代相棒わくちんがまだ「主任」だった時代の衝撃作を収録。

    <特典映像1>
    「小樽の珍テーマパーク・中野植物園を遊びつくせ」(2008年7月16日放送)
    開園100年を迎えた小樽の私設テーマパーク「中野植物園」を訪問。一風変わった遊具が立ち並び、珍スポットとして長年小樽市民に愛されている独特の世界を楽しむことに。これまで人形だけの登場だったわくちん主任が、はじめて完全体を披露!ピン久のムチムチの衝撃の姿がここに!

    <特典映像2>
    「世紀のムダ実験!犬のオナラを調査せよ」(2008年11月5日放送)
    わくちんと美人秘書マキのふとした疑問から犬がオナラをするのか検証する羽目になったウエスギ専務。「オナラ調査室」と称する部屋で犬がオナラをする決定的瞬間を、専務がカメラに収めるためひたすら犬のお尻を追いかけ回すという問題作。
    はたして地上波で放送していいのかと波紋を呼んだ作品を完全収録。

    【番組解説】
    架空のPR会社「(有)上杉ポンプ商会」を舞台に、ウエスギ専務(上杉周大)とおおち係長(ダイノジ・大地洋輔)が、北海道の森羅万象に過酷な体当たりで挑む札幌テレビのバラエティ「ブギウギ専務」。あまりの馬鹿馬鹿しさと、そこはかとない哀愁が幅広い視聴者のハートをつかみ、“北海道で専務と言えばブギウギ専務”と言われた人気番組が、ファンの熱い声に応えて再びDVDで登場!
    (北海道での本放送は2013年春に一旦終了。関東圏ではCTC・TVK・TVSで放送中)

    【スペック】
    仕様:2枚組(片面2層/カラー/ステレオ/MPEG−2/16:9LB)

RELATED ITEMS
関連商品