VAP

ようこそ ゲストさん

ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生

VPBU-14615

2017-09-06 Release

DVD

4,104円 (定価/税込 )

ケン・ローチ長編デビューから50周年!BBC時代から最新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで―
社会派の名手ケン・ローチ激闘の映画人生を追ったドキュメンタリー

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    【特典】
    ■初回限定特典
    特製ブックレット

    ■特典映像(予定)
    ・オリジナル予告編

    【仕様】
    収録ディスク:本編1枚
    収録時間:本編93分
    <本編>片面一層/カラー/16:9ビスタ/音声:1.英語ドルビーデジタル5.1ch、2.英語ドルビーデジタル2.0ch/字幕:1.日本語字幕

    ※ジャケット及び仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

    【イントロダクション】
    ケン・ローチ長編デビューから50周年!BBC時代から最新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」まで―
    社会派の名手ケン・ローチ激闘の映画人生を追ったドキュメンタリー
    作品を発表するたび物議をかもしだすことの多い、イギリスを代表する映画監督のひとり、ケン・ローチ。2016年に80歳を迎え、監督作として50本目となった『わたしは、ダニエル・ブレイク』が第69回カンヌ国際映画祭にてパルムドール(最高賞)を受賞。
    そして、BBC時代の伝説のテレビドラマ「キャシー・カム・ホーム」の製作から記念すべき50周年となった。

    69年に書かれた彼の映画製作におけるルールリストには、
    「我々は、現代社会の問題を明確かつ正確に提示する義務がある」という一文が含まれていた。「アップ・ザ・ジャンクション」(65)、「キャシー・カム・ホーム」(66)、『ケス』(69)を監督してから50年がたった今でも、その意志は貫かれている。

    これほどまでに強い信念を持つようになったきっかけは何なのか?現代の世の中で、社会派作品を送り続ける意味はいったい何なのだろうか?
    監督自身はもちろん、彼の友人、対立関係にある人々、俳優たち、そして多くの仕事仲間へインタビューを行い、BBC時代のドキュメンタリー作品や、『ケス』(69)、『リフ・ラフ』(91)、『麦の穂をゆらす風』(06)、『天使の分け前』(12)などの代表作を振り返りながら、50年にわたる類まれなその生涯とキャリアを、あるときはユーモアたっぷりに、あるときは挑発的に明らかにしていく。

    【劇中登場作品】
    アップ・ザ・ジャンクション(1965)
    キャシー・カム・ホーム(1966)
    ケス(1969)
    ブロンドの恋(1965)
    ザ・ランク・アンド・ファイル(1971)
    ザ・ビッグ・フレイム(1969)
    デイズ・オブ・ホープ(1975)
    ザ・プライス・オブ・コール(1977)
    家庭生活(1971)
    ブラック・ジャック(1979)
    クエスチョンズ・オブ・リーダーシップ(1983)
    ウィッチ・サイド・アーユー・オン?(1985)
    パーディション(1987)
    CM:ネスレ(1992)
    CM:マクドナルド(1991)
    ブラック・アジェンダ/隠された真相(1990)
    リフ・ラフ(1991)
    レイニング・ストーンズ(1993)
    レディバード・レディバード(1994)
    麦の穂をゆらす風(2006)
    大地と自由(1995)
    天使の分け前(2012)
    SWEET SIXTEEN(2002)
    エリックを探して(2009)
    マイ・ネーム・イズ・ジョー(1998)
    わたしは、ダニエル・ブレイク(2016)

    【スタッフ/キャスト】
    <スタッフ>
    監督:ルイーズ・オズモンド(『運命を分けたザイル2』)
    製作:レベッカ・オブライエン

    <出演>
    ケン・ローチ、キリアン・マーフィーほか

    提供:バップ、ロングライド

RELATED ITEMS
関連商品